スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回のデッキ紹介・蟹光線

デッキ紹介の記事ではものすごく久しぶり、どうも灰人です。
想獣キャッスル以来だなー。あのころはバトスピ界も平和だった。

で、こちら灰人が使用したデッキです。

蟹光線

動かし方はいたって単純、4コストを出してブレイヴ付けて殴る。これだけです。

基本的には後攻を取って動き、4ターン目にブレイヴする流れが理想的。
初手に戦場に息づく命とコアブーストスピリット、またはメイパロットがある場合は先攻を取って動いてもいけます。

2~3点ほど削り、最後にキャンサードで3点飛ばして勝つ、という流れが作れる非常に瞬発力のあるデッキになっています。
そうでなくてもシンボルありのブレイヴ、さらに疲労マジックと突っ込んであるので打点は高め。

弱点としては、こういったブレイヴを狙っていくデッキの共通の弱点としてある、ブレイヴ素材、軽減の破壊があげられますね。
青先攻ネクサス、返しサーペンダー。紫先攻3コスト、返しペンドラゴン。後攻シュリケラプトル。どれも壊滅的な速度低下を食らいます。マジで。

ダメージを狙うことしか狙っていないので、そういった除去を食らうと分が悪い、当たり前っちゃ当たり前ですね。

あれ、そう考えると一般的に横行してる除去するデッキ(赤青紫)と相性悪くね?ってなっていまさらフェスタで緑を使う気がちょっとなくなってきた俺がここに居てry



ところで、これの改造の話ですが。

単純にブレイヴが多数入る構築になっている緑なので、木星神龍ノブナガード・ゼウシスを使っても中々いけます。
その場合北斗と4~5枚体制くらいでやるといい感じ。ラピッドもうまく使えますしね(神星で系統が同じ)

場に出す瞬間こそ北斗の方が仕事しますが、一度出したあとはノブナガのほうの働きは半端ない。
ちっさい蟹的な。ブレイヴするだけでビーム・ビートルと同じ効果が付きますし。
ある意味、2体じゃないとブロックできない状態。さすがに貫通ライフはありませんが。

4コストを中心に蟹、ノブナガ、北斗…と、そこらへんのエースを決め、後は疲労マジックとブレイヴを入れるだけでかなり自分好みな形にできる緑ビートですね。

ぜひお試しあれ。
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

日曜のディラノス

Author:日曜のディラノス
動画上げます。
チャット、開いてます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。